お試しセット
店長ブログ
法人のお客様
業者の皆様へ
メディア情報
About Tajima Beef关于日本的日本牛

オンライン決済代行-イプシロン

当サイトで利用している、イプシロンの決済サーバーには、ベリサインのSSL(128bit)が導入されております。お客様の情報がイプシロンサイト経由で送信される際には暗号化通信が行われるため、情報の漏洩、改ざんなどの心配はございません。

但馬牛はまだHOME > 店舗一覧 > 但馬牧場はまだ

但馬牛牧場はまだ(繁殖から肥育、販売まで一貫経営)

但馬牛の里 はまだ
安心・安全な但馬牛を追求した自家牧場
当社の但馬牛は 自家牧場-屠場-お店での販売 自家牧場での-繁殖肥育-屠場-お店での販売。他の業者の介入をいっさい受けず、一括して営業しております。 つまり、一貫生産システムのお肉やさんです。ですから飼料、血統、産地、月齢(何歳)もわかり、解体作業日、スライス日もすべて把握しております。
そのため、安心・安全には絶対の自信をもっております。しかも、どの部門にも熟練した経験者・職人・スタッフがいるため、作業もスピーディー&スムーズにこなせます。 肉質向上にも手をゆるめる事なく、日々最善を尽くし努力しております。
但馬牧場はまだ 但馬牛の繁殖・肥育
はまだの特長としましては『一貫生産のお肉やさん』です。お肉やさんが牛飼いと驚かれると思いますが、本物を売りたいと思いまして1979年に但馬でもいち早く繁殖から肥育を手がけ、飼料や育成法に研究を重ね、1頭 1頭 手塩にかけて育て上げてきました。 きれいな空気、おいしい水、豊富な良質の稲わらに恵まれ、海に近い山あいの環境の牧場で、但馬牛たちはすくすくと成長しています。
牛飼い農家には、子牛を生産する繁殖農家と子牛を育てて肉牛として出荷する肥育農家、その両方を一貫して行っている農家の三種類があります。私どもの牧場は、【繁殖肥育一貫経営農家】繁殖から肥育そして販売と一貫して行っています。

最高の 環境と安全な飼料で肥育した、極上の但馬牛。 食べごろの牛を見極めて 1頭ずつ出荷し、ほどよく熟成させてお手元へ。また、手作りのお惣菜もメニュー豊富に取り揃えております。熟練の技で磨き抜いた但馬牛を、直営牧場・店舗から直接、皆様にお届けいたします。
但馬牛写真を見る>>
安全に対する取組み
但馬ビーフのパイオニア、はまだ
珠玉の名牛・但馬牛。はまだは、この但馬牛にどこまでもこだわり、自ら繁殖・肥育牧場を直営しています。1979年に但馬でもいち早く肥育を手がけ、以来、飼料や育成法に研究を重ね、1頭1頭手塩にかけて育て上げてきました。 満足のいく但馬ビーフを店頭に並べるまでには、 なんと10年の歳月が流れていました。


努力と丹精が味に出る、はまだの但馬ビーフ
はまだのモットーは、「愛情を込めて育てること」。
生まれた子牛はストレスを感じさせない清浄な牧場で、6~7ヶ月までのんびり放し飼いをします。 それから牛舎に入れ、心地よく過ごせるように気を配って育てます。 何よりも気を遣っているのは飼料 安全性が確認された日本配合飼料株式会社の飼料に当社独自で配合した (主に大麦・とうもろこし・大豆・ふすま等)特別の飼料と、近郊農家と契約し入手した良質のワラを混ぜ、たっぷり食べさせます。
このワラが、うまさの源に。 そしてこまめにブラッシングして体を清潔に保ち、健康や生育状況に注意しながら28~32カ月間育てると、 肉にはきれいなサシが入るのです。この肥育期間にもこだわりを持ち、他では考えられないほど長期間肥育をしております。

はまだの但馬牛の詳細はコチラ>>
こうしてお届けする但馬牛は肉質のバランスが良く、赤身と脂のうまみ(昔のような旨さ)が充分に活きて、口に運ぶととろけるよう。芳醇な至福の味わいを醸し出します。
但馬牛証明書
但馬牛の証明書
現在販売中の但馬牛の血統書
極上牛「湯村温泉但馬ビーフ」の誕生
2002年4月、温泉町で発足した『但馬ビーフ流通振興協議会』。はまだはその副会長を務め、啓蒙活動を行っています。厳しい審査をクリアした但馬牛の肉を広めたいという願いから、基準以上の肉を『湯村温泉但馬ビーフ』として認定し、血統書と並んで良質な肉の証にしています。
定 義
種類 兵庫県内産で黒毛和牛
(但馬牛の純血種)
肥育期間 10カ月以上
飼育方法 統一した肥育技術指導標準に則る
地域 兵庫県美方郡内産
枝肉格付 A3等級~A5等級

上の認定書・プレートは但馬ビーフ専門店の目印です。
もちろん但馬ビーフ流通振興協議会加盟店の証しでもあります。
食品衛生優良施設
平成15年6月30日、兵庫県但馬県民局より食品衛生優良施設として表彰していただきました。
表彰状 湯村店店内 店内
飼料について
はまだ牧場は自分達で責任を持ってえさを作っています。えさに何が入っているかを明確に答える事が出来ます。消費者の皆様に安全・安心をお届けできます。 自家配合飼料は はまだ牧場 の牛作りの一番大きな特徴です。
下の写真が、主なエサです。他にビ-ル粕、麦皮などを混ぜて自分達でえさを作っています。 牛はとてもデリケ-トなので、夏の暑いときは、えさを食べる量が減ります。 但馬牛は一日平均5縲鰀6キログラムのえさを食べます。その日の牛たちの状態(牛の肥育段階に応じたエサの量ややり方)を見て、えさを配合できるので 慎重に1頭1頭状態を見ながらエサを与え肥育しています。又、稲わらも必要不可欠です。
私どもの牧場では、自家配合でえさを混ぜ合わせて作っています。
はまだ牧場は独自の但馬牛のえさを作っています。仕事は気のぬけない仕事です。和牛の美味しさの素といわれる脂肪交雑はえさの配合で決まってくるといわれます。はまだ牧場では、 毎朝、毎夕、牛一頭一頭をよく観察し牛の健康状態によりえさのバランスを決めます。稲わらと牧草はとても重要な食べ物で毎日欠かさず給餌しています。
稲わら(こしひかり)は近郊農家から購入しています。 28年以上のおつきあいです。 柔らかいわらは子牛の大好物です。
飼料は、牛の育成段階にあわせて上質の乾燥草十分に与えています。 また、良質のフレークとうもろこしなどを独自の配合で与えています。
稲わら 牧草 とうもろこし 大むぎ 大豆粕 ふすま ヘイキューブ
稲わら 牧草 とうもろこし 大むぎ 大豆粕 ふすま ヘイキューブ
■えさの購入先  
飼料製造元 日本配合飼料株式会社
飼料製造 所在地 本社:横浜市神奈川区守屋町3丁目9番地13
購入元 松下商店(松下物流センター)
購入元 所在地  兵庫県加古川平岡町中野672-1
牧場内と給餌(えさやり)
給餌は、朝夕2回行います。朝は8時よりえさをやりはじめます。夕方は4時よりえさをやり始めます。
牛舎 仔牛 但馬牛成牛
AM7時半~牛舎全体を見回す。牛の体調を観察。昨夕の残りえさの確認。とても大事な仕事です。
AM8時~えさやりを開始。ここで えさくい の悪い牛はチェック。
AM10時~牛舎の掃除、牛の手入れ、堆肥作り、草刈り等の仕事
PM1時半~その日の午前中の仕事の続き
PM4時半~夕方のえさやり開始
PM6時半~その日の日報を書き終了。

このようにして日々の作業は行われています。 気のぬけない作業ですが、体に気をつけて頑張ってます。
但馬牛のえさのことわかっていただけたでしょうか?
”安心・安全な但馬牛を食卓に” が はまだ牧場のモットーです。
牛ふん堆肥について
昔はほとんどの農家に牛がいた。牛のふんは田や畑の貴重な肥料として使われていた。農機具の発展で牛が減り、有機質の堆肥から、化学肥料が中心の農業になった。
作物の収量は飛躍的に上がった。でも、いつのまにか土の中にみみずが減った。野菜の味も変わった。今、有機質の堆肥の良さを見直してはどうでしょうか?
ふわふわな土、みみずのいる土、土の香りがする元気な土は、昔の味わいとミネラルを含んだ品質の良い農産物を育てます。
牛ふん堆肥を使った美味しい農産物づくりに取り組んでみませんか?
■堆肥の施用方法
水田への散布は、春又は秋に散布し、なるべく早く耕うんします。春の散布は田植え前の1ケ月前に行います。 野菜等の畑は、堆肥を前面に施用する場合、作付けの1ケ月前までに散布し、 土となじむように耕うんします。畝に野菜を植え付けた後、畝の上に敷ワラの代わりにマルチとして施すと雑草を抑えたり、土の乾燥を妨げたりします。

■堆肥の効果
○土が団粒化し柔らかくなります。
○微生物が増え病害虫へに抵抗力が高まります。
○連続使用で連作障害が防止できます。
○野菜の品質が良くなり長持ちします。
但馬牛のことをもっと知りたい方は>>>
※はまだ牧場では 電話でご予約頂き、ご来場頂ければ 牛ふん堆肥を無償で差し上げます。
尚、配達もできますが有償です。

但馬牧場はまだ

牧場見学は基本的には行っておりません。
外部から伝染病の菌を牧場に持ち込んだり、 また牛へのストレス等のため非常にデリケートに対応せねばなりません。ご了承下さいませ。マスコミ関係の取材等ご希望の際は、ご相談いただければ対応させていただく事もあります。
詳しくは、お電話・メールなどでお願いいたします。
兵庫県美方郡新温泉町指杭糸城
このページのTOPへ